痰湿(たんしつ)は足の冷えやむくみ

インサイド整体は
元々の体質で

悩んでいた不調を
なぜ解消できるのか?

矢印

同業者からも推薦の声をいただいています!!

実際に来店された方
\ 症例を紹介します!/

元々の体質もありますが、アラサーから悪化するのが足のむくみです。
来店された方はアラサーになってから急に足の疲れがとれなくなったと感じるようになったとのことでした。
昔なら少しは歩いても平気だったのに、最近では長距離を歩くと足のむくみがひどくなり足底が痛むとの事でした。
これは東洋医学では痰湿(たんしつ)と呼び、津液(水分)の滞りが原因だと考えています
むくみをとるために着圧ソックスをして寝たりしていたそうですが、朝起きてから動き出す時には足底に刺すような痛みがあったとのことです。
これは津液(水分)の流れが悪いことが原因です。

アラサーくらいで津液(水分)の流れが悪くなる原因の多くは生活習慣です。

睡眠不足や偏った食事などがきっかけで痰湿の症状は出やすくなるのです

痰湿とは水分代謝が悪い状態なので、普段から汗をかきにくい人ほどあっかしやすくなります。

そこで水を飲む量を増やしてもらい、尿を出し股関節の動きを良くすることで水分代謝が上がって痰湿の症状が解消されました。

お客様の声

昔から足は冷えてむくみやすかったのですが、足底が痛くなるというのは初体験でした。
痛くなる事はあっても寝て起きれば治っていたので、痛みがとれなくなった時は本当に不安でした。
年齢によるものだと言われた時は落ち込みましたが、きちんと対処すれば大丈夫だと言ってもらえたのが嬉しかったです。
整体をしてもらった日は本当に足が軽くて帰り道は楽に帰られます。
最近では昔からの冷え性も解消されつつあるので本当に感謝です!
※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

なぜ痰湿の症状を
解消できるのか?

元々の体質に加えて、年齢とともに水分代謝は悪くなっていきます

運動不足もありますが、大人になるにつれて生活習慣が悪くなる人が増えるからです。

普段から気をつけていても足腰の水分代謝は悪くなります。

まして昔から冷えてむくみやすい人は、何もしなければ水分代謝の悪化は免れません

  • 気(代謝)
  • 血(栄養)
  • 津液(水分)

の変化は必ず起こります。

人間の身体は年齢とともに津液(水分)が減少します。

子供の身体は津液(水分)が70%にもなりますが、成人の時には60%、アラフィフを過ぎるころには50%ほどに減っていきます

そのため何もしなくても水分代謝は悪化してしまうのです。

東洋医学では津液(水分)の滞りを痰湿と呼び、体質や生活習慣が原因で起こる症状の一つと考えています。

だから水分を摂取して尿を出したり、運動して汗をかいたりすることは必須なのです。

ここでポイントとなるのは、水を飲んだり汗をかいたりするだけでなく下半身の動きを良くすることです。

津液(水分)の滞りをなくそうと思えば下半身の柔軟性が重要となるからです。

下半身の筋肉がしっかりとしていると水分代謝が高まり冷えやむくみは起こりにくくなります。

リンパマッサージやストレッチで一時的にむくみをとっても、原因が解消されなければ何度でも不調は起こります

また生活習慣を変えなければ何度でもむくみは悪化します。

東洋医学では一時的な問題の解決だけでなく再発の防止にも力を入れています。

西洋医学では成果が上がらなかった人も、自らの治癒力を高められる東洋医学ならまだ望みはあります

大切なのは本来の機能を取り戻すことです。

当院では、カウンセリングと経絡の検査で、あなたの症状を引き起こしている
原因を特定し症状を根本的解消&再発予防をするための技術と知識を提供していきます。

他とは何が違うの?

矢印

サワラク経絡整体院が
\選ばれる7つの理由/

① どんな施術をするのか?

② どんな検査をするのか?

③施術の内容

 ④ 施術の担当者

⑤ アフターケア

インサイド整体コース

初回 は予約で3000円(50%OFF!)
(通常1回 6000円)

お問い合わせはラインかメールでお願いします!

mail : sawaraku0616@yahoo.co.jp

店舗営業時間のご案内

大阪府大阪市北区天神橋2-3-10-605

TEL

営業時間
10時~18時
×
×
×
×
×

店舗までのアクセス

TEL:

営業時間