副腎疲労と過敏性腸症候群の関係

[kaiwa1]副腎疲労は強い倦怠感が特徴です。

多くの人は倦怠感が強い時には栄養ドリンクなどでごまかしてしまいます。

ですが、副腎疲労は背景に過敏性腸症候群が隠れいている場合も多くあります。

今回は、副腎疲労と過敏性腸症候群の関係について解説します[/kaiwa1]

 

副腎疲労と過敏性腸症候群

副腎疲労は朝から強い倦怠感に襲われたり集中力が続かない状態で、過敏性腸症候群は下痢や腹痛などを繰り返す疾患です。

副腎疲労と過敏性腸症候群は一見すると共通点はありませんが、過敏性腸症候群を患っている人の多くは副腎疲労にもなります

また副腎疲労は自律神経失調症とも深い関係があります。

過敏性腸症候群は腸内環境の乱れが原因と思われがちですが、腸内環境だけでなく自律神経や背骨の歪み、血糖値の乱れなども関係しています。

腸は自律神経と深い関係があるので、ストレスによって自律神経が乱れると過敏性腸症候群は起きやすくなります

また、脊椎のゆがみがあるとストレスを感じやすくなるホルモンが多くなることも、この症状を悪化させる要因になっていると考えられます。

さらに低血糖や血糖値スパイクなどが起こることで下痢や腹痛を起こします。

副腎は血糖値を調節する役割もあるので、血糖値の変化が激しいと悪影響を受けます。

そして過敏性腸症候群も血糖値の変化で悪化する疾患なのです。

つまり、副腎疲労と過敏性腸症候群はどちらも血糖値の影響を受ける疾患なのです。

副腎疲労と腸内環境

副腎がホルモンを生産し機能するためには、まず食べたものがきちんと腸で消化され栄養が吸収される必要があります

さらに不要なものはスムーズに排泄されるようにしなければなりません。

そのためには腸内細菌のバランスを整え、腸の粘膜を丈夫にして細胞を活性化するのが大切です。

腸は免疫機能をつかさどる器官としても重要で、体の免疫機能の約70%は腸内環境が整っているかどうかで決まるともいわれています。

腸内環境が悪いと腸で炎症が起きやすく過敏性腸症候群の原因となります。

腸が荒れて炎症が起こると、副腎はコルチゾールをどんどん分泌して炎症を食い止めようとします

その結果として副腎が疲弊し、上手く機能しなくなります。

副腎疲労と過敏性腸症候群を患っている人に共通なのが、この腸の炎症なのです。

そして、炎症やアレルギーを惹き起こす元凶が、小麦に含まれるグルテンと乳製品に含まれるカゼインという物質です。

そのため、強い倦怠感に下痢や腹痛を伴っている人は、炎症を起こすグルテンとカゼインの摂取量を減らしましょう。

日々の食事から小麦や乳製品を減らしてみて、調子が良くなるようなら普段から摂取量を減らすようにしましょう。

[kaiwa1]副腎疲労と過敏性腸症候群は一見すると関係がないように見えます。

ですが、実際には腸の炎症という共通点があります。

そのため、どちらの疾患も腸の炎症が出にくい食事をすると収まりやすくなります。[/kaiwa1]

⇒大阪市北区で慢性疲労の症状を解消したい人へ

変形性膝関節症が痛くてリハビリが出来ない時の対処法

[kaiwa1]変形性膝関節症の一番の対処法は運動をして筋肉をつけることと言われます。

ですが痛みが強い時に運動をするのは無理です。

痛くない時に動かせと言われても、ずっと痛みが続く人もいます。

こちらでは痛みが続く原因と、痛みが強い時でもできるスマート筋トレについて解説します[/kaiwa1]

 

変形性膝関節症の原因

膝に水が溜まって腫れている。

筋肉をつけるように言われたけど痛くて出来ない。

膝に注射をうったけど一時的にマシになっても再発する。

人工関節の手術を勧められたけど悩んでいる。

変形性膝関節症は加齢とともに起こりやすくなる疾患の一つです

長く使っている膝の軟骨がすり減って膝に炎症が起こるために現れます。

そもそも加齢とともに筋肉量が減少し、膝の負担が増えることも原因となります。

だから筋肉をつければ良いというのは分かりやすいと思います。

また、変形した骨は治らないから人工関節に換えれば良いと言う医師もいますが、本当に対処はそれだけでしょうか?

東洋医学から見れば他にも対処法が存在するのです。

 

東洋医学から見た対処法

東洋医学を頼る人は、現代医学に不安を感じる人が大半です。

現代医学では、変形性膝関節症などに対して痛み止めをうったり手術を勧めたりします。

不安を感じる人の多くは、手術をしたことで逆に膝の痛みが悪化したり膝以外の所が痛んだりするという話を聞くからです

なぜ、こんなことが起こるのでしょうか?

これは膝に水が溜まる原因に着目していないからです。

東洋医学なら、津液(水分)の流れを重視します。

だから膝に水が溜まるなら、水の流れを良くして溜まらないようにすれば良いと考えます。

大切なのは炎症を起こさないことよりも、膝の負担を減らしたり水の流れを良くすることなのです

 

変形性膝関節症のスマート筋トレ

変形性膝関節症のリハビリは辛くても続けた方が良いと言われます。

ですが、同時に痛いときは無理をするなとも言われます。

すると常に痛い人は何をすればいいか分からなくなります。

これは筋力のアップだけを目的としているから、こんな矛盾したアドバイスになるのです。

東洋医学なら筋力は重要ですが、膝が腫れて痛むならまずは水分の流れを良くします

水分の流れが良くなれば、膝の腫れがマシになり痛みが引いてくるからです。

やり方)

①梁丘(りょうきゅう)を押さえて膝を曲げ伸ばす

梁丘は膝の外側を指3本分だけ上です。

この梁丘は水分代謝を高めて身体に溜まった余計な老廃物を流します。

②陰陵泉(いんりょうせん)を押さえて足首を曲げ伸ばす

陰陵泉は内くるぶしを骨に沿って指3本分だけ上です。

ここを刺激すると血流も良くなります。

③衝門(しょうもん)を軽く押さえながら、仰向けで膝を立てて膝を左右に倒す。

衝門は股関節の前面中央当たりです。

ここを刺激するとリンパの流れが良くなり足の浮腫みが解消されます。

この3つの体操は足の浮腫みを解消するために行います。

足の浮腫みがマシになれば、膝の腫れも引いていき痛みもマシになります

大切なのは痛みを我慢しながら動かすのではなく、まずは痛みをマシにさせることなのです。

[kaiwa1]変形性膝関節症で膝に水が溜まるのは、膝に負担がかかって傷ついているからです。

炎症が起きるのは膝の傷を修復するためです。

だから膝に溜まった水を抜くだけでは、何度でも水が溜まります。

大切なのは膝の負担を減らすために足の浮腫みを解消することです[/kaiwa1]

⇒大阪市北区で膝の腫れや痛みを解消したい人へ

年代別ボディケアから見た40歳から起こる頭痛やめまいの原因

[kaiwa1]40歳になると不調が現れるのは仕方ないと思っていませんか?

不調を感じて病院に行っても異常は見つからずに、老化とか更年期のせいにされたことはありませんか?

現代医学では老化だから仕方ないという表現をよくしますが、東洋医学ならきちんとした原因を見つけられます。

今回は40歳から起こる不調と対処法について解説します[/kaiwa1]

40歳になると

40歳を超えた方から増えてくるお悩みがあります。

以前にはなかった頭痛や肩こりなどを感じだしたり、めまいが起こる日が増えたりします。

女性であれば生理周期に異常が出たり、急にイライラし出したり更年期と呼ばれる症状に悩まされることが多くあります

でもこれって本当に老化だけが原因なんでしょうか?

老化だけが原因なら全ての人に問題が起こりますし、症状がひどい人は老化が進んでいることになります。

これは東洋医学から見ればおかしな話なのです。

東洋医学から見た40歳の変化

40歳になって現れる大きな変化は血(栄養)に関してです。

実は40歳ころから急激に血流が悪くなるのです。

主な原因としては、栄養の取り過ぎと運動不足です。

女性であれば7の倍数である35歳から、男性であれば8の倍数である40歳ころから代謝が低下します。

代謝が低下するという事は、身体が必要とする栄養の量も減ってきます。

にも関わらず以前と同じ食事量だと、血糖値や血中脂質が増加して血流が悪くなります

そして多くの現代人は運動不足の傾向にあるために、余計に必要とする栄養量が減ってしまうのです。

40歳から起こる不調の多くは栄養の取りすぎであり、栄養の取り過ぎと並んで運動不足が続いていると生活習慣病まで伴います

不調の解消に何をすれば良いのか?

40歳を超えたころから体内では変化が起こり、

  • 血管の硬化
  • ホルモンの減少
  • SODの減少

などは始まります。

ですが、まだ病院で異常が見つけられるほどには悪化していません。

そのため病院で検査をしてもハッキリとした原因が見つからないのです

身体というのは病気の前段階である未病の状態でも不調を感じます。

大切なのは未病の状態で適切に対処することです。

年代別ボディケアから見れば、必要となってくるのは食事量を減らすことと運動です。

特に下半身の筋肉に刺激を与えることは有効で、下半身を刺激するとマイオカイン呼ばれるホルモンの働きをする物質が分泌されます

さらに下半身の筋肉を刺激すると、40歳から減りだすテストステロンや成長ホルモンの分泌も促され血管の若さを保つことが可能です。

この時に安易に薬などに頼ると、副作用でテストステロンを低下させる場合があります。

実際に高脂血症の薬でも脂溶性のものは、

  • テストステロン低下
  • 勃起不全
  • 性欲減退

などの副作用が明記されています。

だから大切なのは薬などに頼るのではなく、運動をして血流を良くすることなのです

運動の中でもウォーキングやハイキングは極めて効果的です。

ウォーキングなら、1日に大股で30分歩くだけでも十分という検証があります。

また、ハイキングのように段差のある所を歩くのも血流を良くするのには効果的です。

血流が良くなれば結果として、40歳から始まる頭痛やめまいに加えて生活習慣病などに悩まなくて済みます

[kaiwa1]人間は年を重ねるだけでは不調は現れません。

あくまで、年齢とともに変化する身体に合わせた生活が出来ていないときに頭痛やめまいが起こるようになります。

どんな症状も病院に行って薬をもらおうとするのではなく、まずは生活習慣を見直すことが大切なのです。[/kaiwa1]

⇒大阪市北区で頭痛やめまいを解消したい人へ

梅雨のだるさや胃の不調を解消するスマート筋トレ

[kaiwa1]梅雨になると身体がだるく感じませんか?

人によっては胃の不快感が強くなり食欲不振にもなります。

そして暑いのに足元は冷えるという困った問題も起こります。

こんな問題を解決するために、梅雨に起こる身体への影響と対処法を解説しています[/kaiwa1]

梅雨がだるいのは何故か

最近になって身体がやたらだるいと感じたら梅雨の時期だったという事はよくあります。

人によっては雨の前の日や雨の日にに頭痛がひどくなり、寝込んでしまう人もいるほどです。

なぜ梅雨はこんなに身体が不調になってしまうのか。

これは低気圧と高湿度によって身体が浮腫んでしまうのが原因です

身体が浮腫むとだるさが強くなり、浮腫むと胃腸の機能が低下します。

浮腫みと胃腸の機能に関係は無いように思うかもしれませんが、胃の不快感がある時などは身体が浮腫んでいます。

だから、普段から胃の調子が良くない人は水分代謝が悪くて身体が浮腫みがちです。

そんな水分代謝が悪い人ほど梅雨の時期はだるさが強くなるのも特徴です。

大切なのは、普段から身体の浮腫みをとって低気温と高湿度な梅雨に負けない身体を作ることです

 

梅雨を元気に乗り切るスマート筋トレ

梅雨を元気に乗り切るポイントは浮腫みを解消することですが、浮腫みは全身に及んでいるわけではありません。

普段から浮腫んでいる人でも、辛さを感じるのは主に下半身のはずです。

身体の水分や老廃物は主に下半身に溜まるからです。

だから、足のだるさや冷えを強く感じる人は下半身に水分と老廃物が溜まっている状態です

何となく足が重いと感じたり、冷房などが人よりも辛く感じたりする人は足の水分代謝を高めましょう。

梅雨の時期というのは夏至である6月22日の前後2週間くらいを指し、二十四節季の芒種(ぼうしゅ:6月6日)から小暑(しょうしょ:7月7日)くらいの期間です。

この期間は身体に刺激を入れて乗り切りましょう。

やり方)

  1. 足の内側を親指で押す
  2. 足首を動かす
  3. 膝から内くるぶしまで押していく

このスマート筋トレはヒラメ筋や腓腹筋などのふくらはぎの筋肉に刺激を入れています。

老廃物が溜まりやすいふくらはぎを刺激することで、身体の水分代謝は高まります。

また、足の内側には消化器系の機能を高める経絡が通っているので、普段から刺激することで胃の調子も良くなります

繰り返し行うことで浮腫みにくい身体になっていきます。

[kaiwa1]梅雨にだるさや胃の不調を感じる人は身体が浮腫んでいます。

浮腫みにくい身体を作るためには消化器系の経絡を刺激して機能を高めることです。

消化器系の機能が高まることで水分代謝が良くなり、雨の日の不調から解放されるようになります[/kaiwa1]

⇒大阪市北区で胃の不調を解消したい人へ

年代別ボディケアから見た20代前半の女性に起こりやすい不調

[kaiwa1]20代前半と言えば男女ともに元気な人が多い年代です。

ですが、最近では疲れがとれない人や頭痛や肩こりに悩む人が増えています。

周りにまだ若いのに不調に悩んでいる人はいませんか?

こちらでは、若くても起こる不調の原因と対処法について解説します[/kaiwa1]

[toc]

不調の原因とは

不調には必ず原因がありますが、原因不明の不調に悩まされる人が増えています。

病院では原因が見つからないと不定愁訴と診断されたり、若年性更年期と診断される場合もあります

20代前半の女性に更年期のような症状は現れるのか?

更年期のような症状と言えば、疲れが抜けなくなったり神経過敏になったり不眠症になったりすることです。

加えて頭痛や肩こりがひどくなるのも更年期の症状で、中でも肩こりと疲れやすさは更年期症状を訴える人の半数が悩んでいます

次に多いのが頭痛やのぼせで3人に1人くらいになり、イライラしたり気分が沈んだりするのは4~5人に1人くらいの割合です。

本来なら更年期は45~54歳ころに現れると言われます。

ですが、20歳前半の女性でもこのような症状を感じやすくなるのです。

最近では若年性更年期とも呼ばれる症状で、普段から生理痛がありストレスを感じやすい人に多く見られます

こういうタイプの人はニキビや肌荒れに悩んでいる人も目立ちます。

そして、こういうタイプの人からよく聞くのがダイエット中という事です。

ダイエットのために運動は良くしているけど、お菓子を食べたり偏食を繰り返したりしていると言います。

実は若年性更年期の症状が現れる20代女性のほとんどに、ダイエットはしているけど食生活が乱れていることが多いのです

若年性更年期の症状はダイエットによる栄養不足と仕事のストレスによって発症することがほとんどです。

厚生労働省の調査によると25歳未満の33%が瘦せ型で、60%は仕事のストレスに悩んでいるとのことです。

ダイエットにより痩せていて仕事のストレスを抱えている人は若年性更年期の予備軍と言えます

東洋医学から見れば

東洋医学から見れば、更年期のような症状が20代前半に見られる人は肝鬱気滞(かんうつきたい)と言われます。

肝鬱気滞とは、ストレスが多いために交感神経が優位になっている状態です

普段から緊張しやすかったり、クタクタになるまで働いている人は交感神経が優位になりやすくなるのです。

交感神経が優位になると精神的に興奮状態になるために不眠症に陥りやすくなります。

そして、若年性更年期になる人の多くはあまり水分をとっていません。

この肝鬱気滞と呼ばれる状態は、水分不足が原因のことが圧倒的に多いのです

身体をリラックスさせる副交感神経が優位であれば問題ありませんが、交感神経が優位な人は興奮状態を鎮められなくなります。

だけどもダイエット中という事で、無理に運動はしている人も多くいます

結果として、本来なら50歳頃に現れる更年期の症状が20代前半にも関わらず現れてしまいます。

交感神経が優位な人は目が疲れやすくなります

目は肝臓と関係が深く、交感神経が優位な人は肝臓が疲れることで目の疲れが取れなくなります。

また、普段から目を酷使している人は交感神経が優位になりやすく肝臓が疲れやすいと言えます

現代人はスマホやパソコンの使い過ぎで目を酷使しており、若い世代ほど目を酷使する傾向は強いと言えます。

 

不調を解消するには

まとめると20代前半の女性で頭痛や肩こりがひどく、疲れが抜けずに不眠症になる人は交感神経が優位になっています。

この状態を解消するには水をしっかりと飲んで、質の良い睡眠をとることが必須です。

水は1日に1リットル以上は飲みましょう。

運動をして汗をかく人は、さらに500ml追加しましょう。

質の良い睡眠をとるためには、

  • 朝に太陽の光を浴びる
  • 昼間に運動する
  • 睡眠前のスマホは控える

などの生活習慣が大切です。

朝に太陽の光を浴びれば夜に眠気を催すホルモンが分泌され、睡眠の質が高まります。

また昼間に運動をするとストレスに強い身体を作ることが可能ですが、疲れているときには休むことも大切です

運動不足が続くとストレスに弱くなり、少しのストレスでも身体が緊張状態になります。

ダイエットは心身ともにストレスとなるので、運動をするよりもお菓子を減らすことの方が重要です。

運動をすること自体は大切ですが、不調な時には休息も大切なのです。

仕事の合間や昼休みでも少し歩いたり、階段を上り下りするだけでもストレスに強い身体は作れます

そして、睡眠の質を上げるためには目を休めないといけません。

寝る30分前だけでもスマホを手放しましょう。

スマホは目からの距離が近いので、テレビよりも目が疲労します。

だから頭痛や肩こりを感じている人は、スマホを触っている時間を減らすだけでも効果があるのです。

[kaiwa1]本来なら20代前半の頃には多くの不調は現れません。

特に疲れがとれなかったり眠れなかったりするのは異常な状態です。

このような異常を起こす女性の多くは、ダイエットで無理な運動をしながら食生活は乱れています。

若年性更年期の症状は身体の悲鳴ですので、頭痛や肩こりを含めて身体の不調を感じたら生活習慣から改めましょう。

交感神経が優位な状態を解消できれば、自然と身体の不調は落ち着いてきます[/kaiwa1]

⇒大阪市北区でストレスに強い身体を作りたい人へ

今すぐ電話で相談・予約する