死亡率の高い癌を予防するのは免疫力を高める東洋医学デイズ

癌予防に大切なのは免疫力

近年では癌も生活習慣病の一つとして捉えられています。

厚生労働省の発表においても癌の原因には、食事だけでなく運動や睡眠などの生活習慣が深くかかわっているとあります

  1. 運動不足
  2. 食べ過ぎや飲み過ぎ
  3. 睡眠不足
  4. 水分不足
  5. ストレス

一つでも当てはまるものはありますか?

これらは誰にでも当てはまるものではありますが、当てはまるほどに癌のリスクが高まります。

癌細胞は普通の細胞が糖化や酸化を起こし、炎症を繰り返すことで起こります。

そして老化した細胞も炎症を起こしやすい事が分かっています。

つまり、糖化や酸化を防いで炎症を減らすことが癌を予防する上で重要なのです

矢印

友だち追加⇦健康になれるか聞いてみる

同業者からも推薦の声をいただいています!!

趣味のボーリングを楽しめるようになった!

短い施術でも前提的にスッキリした。

膝が軽くなったので帰りは楽になった。

交通の便がいいことも良かった。

*お客様の感想であり効果効能を保証するものではありません。

癌を予防する3つのポイント

対処1 免疫力

糖化や酸化を防ぐのに重要な役割を果たすのが免疫力です。

身体の免疫機能は、癌の発症や進展と密接な関係があり、免疫力が低下した状態では癌のリスクが高まります。

癌細胞は初期段階では影響は少ないですが、免疫力が低下しているとひっそりと増殖して影響が大きくなります。

そして癌細胞が増殖すると、免疫力を低下させる細胞を周囲に増やしていくのです。

だから免疫力を高めることは癌の予防に最も効果的なのです

対処2 水分補給

炎症を減らすのに大切なのが血流で、血流を良くするためには水分の補給が

最近の研究では、1日に1~1.5ℓほどの水分を飲んでいる人が最も癌による死亡リスクが低かったとのことです。

加齢に伴い喉が渇いたという感覚は薄れますが、適切な水分補給は癌予防の基本的な対策です

対処3 体温を上げる

癌細胞を減らす最も効果的な方法は体温を上げることです。

体温を上げると免疫力を高めるのに効果的で、癌細胞を消滅させるのにも役立ちます。

運動不足が最も身体に悪いのは、体温の低下を招いて癌細胞が増殖しやすくなります。

大切なのは運動を習慣にして体温が上がりやすい身体にすることです

東洋医学から見た対処法

癌細胞の増殖を予防するのに必要なのが瘀血(おけつ)気滞(きたい)の解消です。

瘀血とは、体内に溜まった老廃物や炎症によって起こる酸化ストレスなどによって血流が悪くなった状態です。

癌患者の血液は粘度が高く凝固しやすい状態になっていることが分かっています

気滞とは血流の悪さにストレスが合わさることで自律神経が乱れた状態です。

そんな中でも癌細胞は自分で血管を新たに作って身体の栄養を独占して成長します。

すると体内の正常な組織は栄養不足となり、さらに身体の状態を悪化させます。

瘀血を解消する基本は、

  • 運動をする
  • 食べ飲み過ぎない
  • 睡眠をとる

などになります。

整体で身体を整えれば、運動の効果がアップして運動不足の解消を助けて睡眠の質が高まります

東洋インサイド整体院が
\選ばれる5の理由/

① どんな施術をするのか?

② どんな検査をするのか?

③施術の内容

 ④ 施術の担当者

⑤ アフターケア

インサイド整体コース

初回 は予約で3000円(50%OFF!)
(通常1回 6000円)

友だち追加⇦健康になれるか聞いてみる

お問い合わせは電話・ライン・メールで可能です。

TEL:070-8908-9933

mail : sawaraku0616@gmail.com

⇒参考文献

月曜日
10:00 AM - 8:00 PM
火曜日
10:00 AM - 8:00 PM
水曜日
クローズ
木曜日
10:00 AM - 8:00 PM
金曜日
10:00 AM - 8:00 PM
土曜日
10:00 AM - 8:00 PM
日曜日
クローズ

祝日はお休みです。