年代別ボディケアから見た50歳からの体調管理

[kaiwa1]50歳からは津液(水分)の減少が顕著になります。

すると関節の動きが硬くなり制限されます。

今回はそんな50歳の体調管理のポイントを紹介します[/kaiwa1]

 

50歳とは

50歳になると身体の津液(水分)が急激に減少します。

肌のハリや潤いにも陰りが見え始めます。

津液(水分)の減少は神経の伝達を鈍化させるので反射神経なども鈍くなります

脊柱管狭窄症や五十肩などの関節の疾患は津液(水分)の減少がきっかけで起こります

さらに

  • 子どもの巣立ち
  • 親の病気や介護
  • 自分の病気

などが追い打ちをかけます。

さらに女性であればホルモンの変化が激しくなる更年期も迎えます。

更年期ではむくみが強くなり、手足のしびれが増えやすくなります

また男性なら癌がの発病率が高まるのが50歳です。

他にも、

  • 心臓の疾患
  • 脳の疾患
  • 高血圧

などは男女ともに増加傾向です。

こうした津液(水分)の減少はめまいや動悸などの症状が現れやすくなります

これらの症状は動脈硬化を引き起こします。

年齢が上がるにつれて少しずつ内臓や血管の筋力が衰えます。

そんな時に運動不足や不摂生があると急激に体調は悪化します。

 

50歳になったら気をつけよう

50歳は身体が一段と弱りだします。

タバコやアルコールなどの習慣があれば止めることが理想です

これらの嗜好品は脳や心臓疾患の確率を高めます。

50歳になったら

  • 控えめな食生活
  • 無理のない運動
  • ゆったりとした時間を増やす

などが基本になります。

最近では50歳はまだまだ若い世代ですが、身体の衰えは顕著になってきます

大切なのは無理のない生活です。

津液(水分)が減ってくると身体の動きが変わってきます。

そのため低燃費で動ける身体作りが求められます

食事量は減らして消化に負担がかかないようにしましょう。

また過度な運動は控えて、のんびりとした時間を過ごすことも大切です。

筋肉は50歳からでも鍛えられますが、体力は低下していきます。

だから休息の時間を増やすことは必須です。

食事では炭水化物は適度に控えた方が良いですが、大切なのはバランスです。

野菜だけ肉類だけなど偏り過ぎないようにして、腹八分目になるように炭水化物も摂りましょう

毎食を気にしすぎるよりも、一日の中でバランスをとれるようにしましょう。

また運動はしたほうが良いですが、無酸素運動などハードな運動ではなく有酸素運動をしましょう。

一日の中で30分は歩く時間を作ったり、なるべく階段を使ったりしましょう。

また毎日のラジオ体操などの習慣をつけておくと、転倒などのリスクも減るのでおすすめです。

[kaiwa1]50歳は最も体力の低下を実感します。

まだまだ鍛えられる時期ですが、無理をするとケガもしやすい時期です。

そのためのんびりと気長に心身を整えましょう[/kaiwa1]

⇒大阪市の南森町で不調を解消したい50歳の人へ

月曜日
10:00 AM - 8:00 PM
火曜日
10:00 AM - 8:00 PM
水曜日
クローズ
木曜日
10:00 AM - 8:00 PM
金曜日
10:00 AM - 8:00 PM
土曜日
10:00 AM - 8:00 PM
日曜日
クローズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。