50代からの体調管理

インサイド整体は
年齢を重ねるにつれて

少しずつ増えてきた不調が
なぜ解消されるのか?

矢印

同業者からも推薦の声をいただいています!!

実際に来店された方
\ 症例を紹介します!/

年齢とともに体質は変わっていきます。
来店された方はアラフィフになってから急に肩の動きが悪くなり痛みを感じるようになったとのことです。
普段からゴルフをしているので運動不足ではないはずでした。
だから自分はアラフィフになっても元気なはずだと思われていました
ですがアラフィフになってからは肩の動きの悪さに腰痛や神経痛まで出てきました。
主な原因は津液(水分)の減少でした。

アラフィフになると津液(水分)が減少するので、普段から運動をしていても関節の動きは徐々に悪化します。

津液(水分)の減少は関節の動きを制限するので、五十肩に代表される関節の問題が増えてきます

だから運動をしていても動きが足りなければ肩や腰に不具合が出てくるのです。

そこで水を飲む量を増やしてもらい、下半身の関節の動きを良くすることで水分代謝が上がって肩や腰の不調が解消されました。

お客様の声

普段からゴルフの打ちっぱなしには行っていたので健康だと思っていました。
肩や腰の痛みなどは自分とは無縁と思っていたくらいです。
ですが徐々に身体が痛むようになって年を実感しました。
整体をしてもらうと身体のあちこちが痛むので、実は不健康だったんだと気付きました。
回数を重ねるほどに痛く無くなり健康になっていくのを実感しました!
※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

なぜ、アラフィフになって弱った身体を
元気な状態に戻せるのか?

年齢とともに身体が弱るのは、その年齢にあった生活が出来ていないからです

身体は適切な対処が出来ていれば、毎日を元気に過ごせます。

ですが身体の機能は徐々に低下します。

  • 気(代謝)
  • 血(栄養)
  • 津液(水分)

の変化は必ず起こります。

人間の身体は年齢とともに津液(水分)が失われます。

子供の身体は津液(水分)が70%にもなりますが、成人の時には60%、アラフィフを過ぎるころには50%ほどに減っていきます。

東洋医学では津液(水分)の不足を陰虚と呼び加齢とともに起こる症状の一つと考えています。

だから水分の摂取は若い頃よりもこまめに行わないと不調が出るのは当然です。

ここでポイントとなるのは、水を飲むだけでなく身体を動かすことです。

特に大切なのは下半身の運動です。

津液(水分)を身体に満たそうと思えば下半身の筋肉が重要となるからです。

下半身の筋肉がしっかりとしていると保水力が高まるのでアラフィフになっても健康を保ちやすくなります。

薬や栄養剤で一時的に元気になっても、原因が解消されなければ何度でも不調は起こります

東洋医学では問題の解決だけでなく再発の防止にも力を入れています。

西洋医学では成果が上がらなかった人も、自らの治癒力を高められる東洋医学ならまだ望みはあります

大切なのは本来の機能を取り戻すことです。

当院では、カウンセリングと経絡の検査で、あなたの症状を引き起こしている
原因を特定し症状を根本的解消&再発予防をするための技術と知識を提供していきます。

他とは何が違うの?

矢印

サワラク経絡整体院が
\選ばれる7つの理由/

① どんな施術をするのか?

② どんな検査をするのか?

③施術の内容

 ④ 施術の担当者

⑤ アフターケア

インサイド整体コース

初回 は予約で3000円(50%OFF!)
(通常1回 6000円)

お問い合わせはラインかメールでお願いします!

mail : sawaraku0616@yahoo.co.jp

店舗営業時間のご案内

大阪府大阪市北区天神橋2-3-10-605

TEL

営業時間
10時~18時
×
×
×
×
×

店舗までのアクセス

TEL:

営業時間