東洋医学から見た狭心症の原因になる心血虚

澤 楽(さわ らく)

東洋医学をベースに経絡内臓整体で身体の体質改善を目指す鍼灸マッサージ整体師。 栄養学に薬膳も組み合わせて本当の健康を実践している。プラチナ経絡整体で様々な疾患を解消しています。

「今日は狭心症の原因となる心血虚です」

 

心血虚とは

心血虚とは心筋を動かす血(栄養)が不足した状態です。

全身を巡る血(栄養)には優先順位があり、心臓は脳よりも優先順位が高い内臓です。

そのため、心臓に血(栄養)が不足するときには、脳にも血(栄養)が不足して精神活動の不調が目立ちます。

心血虚の具体的な症状としては、

  • 入眠障害
  • 熟睡障害
  • 不安感
  • 記憶力の低下

などが目立ちます。

特に睡眠障害を抱えていると心臓病のリスクが高まります。

研究によると

  • 入眠困難で9%
  • 中途覚醒で7%
  • 早朝覚醒で13%

も心臓病のリスクが上昇すると言われています。

また同時に3つの不眠症状を持っていると虚血性心疾患のリスクは22%上昇し、さらに虚血性脳卒中のリスクも10%上昇するとのことです。

心血虚は胃腸が弱った脾気虚(ひききょ)から始まることが多く、消化機能が低下していて血(栄養)を吸収できずに起こります

食後に異常な眠気があり、夜は眠りにくいという状態になります。

器質的な問題としては、心筋が分厚くなった閉塞性肥大型心筋症が考えられます。

心筋がどんどん分厚くなり、血(栄養)の通り道が狭まった状態です。

通り道が狭まることで、血(栄養)が不足して心血虚が起こっています。

遺伝的な面もありますが、閉塞性心筋症を起こしていても無症状で一生を過ごす人もいます

若くして突然死をする心不全の原因の一つでもあります。

また心血虚は脳の虚血も起こすので、フラフラとしためまいを引き起こします

血(栄養)には神経伝達物質も含まれているので、心血虚になるとノルアドレナリンなども不足しパニック障害の原因の一つとも考えられています。

ノルアドレナリンが不足すると思うように神経伝達が出来ません。

そのために心臓の機能が低下して心不全が起こるのです。

自律神経を整えてノルアドレナリンの分泌を促し、心臓に血(栄養)を送るには消化に良い食事を心がけて消化器系の負担を減らすのがポイントです

 

心血虚が起こる原因が重要

血(栄養)が不足するのは、消化機能が低下することが多くあります。
そして心臓の血(栄養)が不足するときは脳の血流も不足します。
だから心血虚の解消には消化機能の向上も欠かせません。

店舗営業時間のご案内

大阪府大阪市北区天神橋2-3-10-605

TEL

営業時間
10時~18時
×
×
×
×
×

店舗までのアクセス

TEL:

営業時間

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。