東洋医学から見た自律神経失調症の証

何となく身体がダルい。

頭痛が頻繁に起こる。

原因はよく分からない。

自律神経失調症は原因不明と言われやすい疾患の一つです。

ですが東洋医学から見れば自律神経失調症の原因ははっきりとしています。

今回はそんな東洋医学から見た自律神経失調症について解説します。

 

東洋医学から見た自律神経失調症

自律神経失調症は、自律神経のバランスが崩れて様々な症状が出る病気です。

自律神経は、

  • 血流の調節
  • 肺による呼吸
  • 胃腸での消化吸収
  • 発汗による体温調節

など、意識しなくても生きるために必要な様々なことをしてくれます。

普段は交感神経と副交感神経がシーソーのようにバランスよく働きます。

これは当たり前のようですが、実はバランスよくというのは意外に難しいのです

なぜなら自律神経系は

  • ストレス
  • 疲労
  • ホルモンバランス
  • 天候の変化

などの影響を受けると多忙になります。

仕事量がこなせる範囲なら問題はありませんが、許容量を超えた影響を受けると自律神経は容易に乱れてしまいます

 

自律神経が乱れると

自律神経は多忙により乱れても、本来なら休息をとることで戻ります。

ですが、過労であったり睡眠不足、体調不良が重なると乱れた自律神経は戻らなくなります

そうすると様々な体調不良が生じ、

などと様々な症状が現れます。

ですが、これらの症状はまだ内臓が悪くなっているわけではありません。

現代医学では、抗うつ薬や自律神経調整薬、睡眠導入剤などを処方します。

東洋医学では、自律神経系と関係が深い

  • 肝(かん)
  • 心(しん)

の機能を整えます。

肝は身体の気(代謝)を整えて、血(栄養)を貯蔵し循環させます。

心は心臓を含め血液を循環させて、人間の意識や判断などの精神活動をコントロールします。

自律神経の乱れによる起こる不調は、身体が発する危険信号です

その危険信号を薬でごまかせば、身体の中で問題が起こるのは当然です

 

自律神経の証

主な証は肝と心が中心になります。

などが主な証になり、肝と心の不調は他の内臓にも及びます。

肝の弱りは胃などの消化器系を弱らせ、心の弱りは肺の弱りの原因となります

過度のストレスで始めに身体に起こるのは、肝鬱気滞になります。

肝の機能は代謝です。

身体に必要なものを作って、不必要なものは排泄します

そんな肝の気(代謝)により作られる熱が上手く排泄できないと、

  • ストレスの蓄積
  • 交感神経優位

の状態になります。

肝の気(代謝)によって発生した熱を肝火と言います。

肝火が頭に昇った状態は、情緒不安定やイライラなどを引き起こします。

無意識に溜息が増えていたら、身体にこもった熱を排泄する身体の反応なのです

肝鬱気滞は熱の発散が上手くできていないと起こりますが、心肝火旺は継続的に過剰な熱が生産されている状態です

肝による過剰な熱が心にも大きな負担を与えます。

そのまま心の気(代謝)が亢進すると、心に熱がこもる心火が起こります。

心火まで進むと不眠や激しい感情の起伏などが出だすので、余計に身体の熱が冷ませられなくなります

のぼせや火照りがあるので、顔面紅潮などの見た目にも変化が現れます。

 

熱でなく血(栄養)が原因の場合も

身体が強い人ほど、様々な精神的ストレスや肉体的ストレスに耐えようと気(代謝)が高まります。

ですが気(代謝)を高めるには血(栄養)が必要となります。

肝の気(代謝)が高まり過ぎて、血(栄養)が不足した状態が肝陽上亢となります。

肝陽上亢は肝の血虚が進んだ状態なので、肝の機能が暴走した状態となります

水分の無くなった鍋を空焚きしているような状態です。

そのため頭痛や怒りっぽさに加えて、

  • めまい
  • ふらつき
  • 引きつり

などの血虚の症状が現れます。

この証の人に対しては、肝陽を落ち着かせて内風を和らげる漢方薬で治療を進めます。

また肝だけでなく心でも血虚は生じます。

心血虚は外からのストレス以外にも、考え過ぎや心労の積み重ねなどが原因で起こります

動悸や息切れに加えて、

  • 驚きやすくなる
  • 健忘
  • 不眠

などの症状が悪化します。

血(栄養)の不足は、加齢による老化現象に似ています。

心身ともに弱った症状は、身体も心も弱らせます。

まとめ

東洋医学では、自律神経失調症は肝や心の血虚や陰虚を疑います。

肝や心の機能が低下することで自律神経が乱れやすくなるからです。

そのため自律神経失調症を整えるには肝と心の機能を整えることが大切です。

⇒大阪市北区で自律神経を整えたい人へ

月曜日
10:00 AM - 8:00 PM
火曜日
10:00 AM - 8:00 PM
水曜日
クローズ
木曜日
10:00 AM - 8:00 PM
金曜日
10:00 AM - 8:00 PM
土曜日
10:00 AM - 8:00 PM
日曜日
クローズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。