血虚(けっきょ)は胃下垂の症状

インサイド整体は
生まれつきの体質だと

諦めていた不調が
なぜ解消されるのか?

矢印

同業者からも推薦の声をいただいています!!

実際に来店された方
\ 症例を紹介します!/

東洋医学では血液中に含まれる栄養成分やホルモンなどをまとめて血(けつ)と呼びます。

血虚とは栄養成分やホルモンが不足した状態です。

胃弱の体質の人は血虚になりやすく、他の人と同じ生活をしていても身体が弱々しくなります
来店された方は10代の頃から疲れやすく、頭痛やめまいにも悩まされていました。
昔からの症状なので半分は諦めていましたが、年齢とともに症状が悪化していくことに不安を感じていたそうです。
病院で薬などをもらっても症状に変化はなく、体質だからと言われるばかりだったとのことです
血虚は生活習慣からも起こりますが、多くの人は生まれつきの体質です。

血が不足することで、身体の機能が低下して余計に身体が栄養を吸収できない悪循環に陥ります。

胃下垂の症状は栄養の食事をするだけでなく、胃腸の機能を高めることがとても重要なのです

腹部から股関節などの動きを高めて、骨盤を動きやすくすることで胃腸の機能を高めることで症状は解消されました。

 

お客様の声

普段から他の人よりも身体が弱く細いのが気になっていました。
確かに関節の動きは硬く、姿勢も悪いのが気になっていました。
胃下垂だろうというのは分かっていましたが、整体で調子が良くなったのには驚きました。
軽い整体なので本当に効くのかと思っていましたが、徐々に食欲が出てきました。
回数を重ねるほどに胃腸の機能が高まっているのを実感しました!
※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

なぜ血虚の症状を
解消できるのか?

若い時から身体が弱い人は、胃腸での栄養の吸収率が低いために食べても身体が強くなりません。

人によっては悩み過ぎなどや運動のし過ぎで血の消耗が激しくて血虚になる人もいます。

結局のところ、吸収した血以上に消耗していれば血虚の症状は現れるのです。

特に血の消耗が激しいのは脳なので、パソコン作業などでも働きすぎれば血虚の原因となります

また若い時は元気だった人でも、偏った食生活などを送っていると血(栄養)が不足します。

また睡眠不足などでホルモンの生産量が減れば血虚の症状は現れます

    身体が弱れば栄養の吸収率は下がります。

    人間の身体は年齢とともに消化吸収力が下がるので、若い時よりも気を付けていても血虚になることはあります。

    子供の頃は食べて寝れば元気になれたとしても、アラサーくらいから身体の機能が低下します。

    東洋医学では血虚は体質だとしても、体質を変えて根本的な解決が可能だと考えています。

    ですが食事の内容にも気をつけないと血虚になる危険があるのです。

    ここでポイントとなるのは栄養をとるだけでなく、栄養の吸収率を高めることなのです。

    特に大切なのは骨盤の動きです。

    栄養の吸収率を高めようと思えば胃腸が働きやすい環境を作ることです。

    腹筋がしっかりと働いて股関節の動きが良ければ胃腸は働きやすくなります。

    薬や栄養剤で一時的に元気になっても、原因が解消されなければ何度でも血虚は起こります

    またサプリなどで栄養をとっても胃腸の機能は高まりません。

    東洋医学では一時的な問題の解決だけでなく再発の防止にも力を入れています。

    西洋医学では成果が上がらなかった人も、自らの治癒力を高められる東洋医学ならまだ望みはあります

    大切なのは本来の機能を取り戻すことです。

    当院では、カウンセリングと経絡の検査で、あなたの症状を引き起こしている
    原因を特定し症状を根本的解消&再発予防をするための技術と知識を提供していきます。

    他とは何が違うの?

    矢印

    サワラク経絡整体院が
    \選ばれる7つの理由/

    ① どんな施術をするのか?

    ② どんな検査をするのか?

    ③施術の内容

     ④ 施術の担当者

    ⑤ アフターケア

    インサイド整体コース

    初回 は予約で3000円(50%OFF!)
    (通常1回 6000円)

    お問い合わせはラインかメールでお願いします!

    mail : sawaraku0616@yahoo.co.jp

    店舗営業時間のご案内

    大阪府大阪市北区天神橋2-3-10-605

    TEL

    営業時間
    10時~18時
    ×
    ×
    ×
    ×
    ×

    店舗までのアクセス

    TEL:

    営業時間