機能性ディスペプシアの原因と解消法

慢性的な吐き気に悩んでいる。

お腹が空腹の時や満腹の時に痛む。

胃もたれをして食欲がない。

こんな症状で悩んでいませんか?

機能性ディスペプシアは人によって症状が様々です。

こちらでは機能性ディスペプシアの原因と対処法について解説しています。

機能性ディスペプシアの原因とは

機能性ディスペプシアは、胃の痛みや胃もたれなどの症状はあっても内視鏡検査などで異常がみつからない状態です。

とは言っても、内視鏡検査で胃炎や逆流性食道炎が見つかっても症状があるとは限りません。

現代医学では異常があっても症状があるとは限らず、症状はあっても異常があるとは限らないというのはよくあります。

そういった時は往々にしてストレス性という言葉が用いられてきました。

ですが、東洋医学では症状がある以上は物理的な問題もあると考えます。

そもそもストレスのせいで身体に問題が起こることも、身体が弱っているからストレスに負けたと考えるからです

だから胃の調子が悪くなるという事は、何らかの問題が潜んでいるのが当然なのです。

悪化させる生活習慣

機能性ディスペプシアに潜む問題の多くは生活習慣です。

生活習慣によっては胃に大きな負担をかけるからです。

胃の主な機能は消化と貯留です。

実は貯留こそが機能性ディスペプシアのキーポイントとなります。

胃では食べたものを消化して細かく砕くと同時に、次の小腸に食物を少しずつ送るという調節機能も備えています。

「仕事の都合で昼は早食いだ」

「夜に帰ってから大食いをしてしまう」

「柔らかいものばかり食べている」

こういった早食いをしたり大食いをしたりする習慣は胃の負担を極めて大きくするのです

加えて現代の食事は硬いものが少なく柔らかいものが多いので、どうしても早食いになりがちです。

早食いや大食いを繰り返して胃の機能が低下すると、小腸へは一度に多くの食物が流れ込むので小腸の機能も低下します。

胃腸の機能が同時に低下した状態が機能性ディスペプシアなので、機能性ディスペプシアを解消するには胃腸を同時に回復させることが重要なのです

 

解消するためのスマート筋トレ

機能性ディスペプシアは胃から小腸がある下腹部まで刺激するのが大切です。

スマート筋トレは本来の機能を取り戻すことを目的とします。

内臓の機能を取り戻すには、血流を良くして内臓が働きやすい環境を作ります。

やり方)

まずは腹筋を緩めます。

  1. 背筋を伸ばして立つ
  2. 両手でへそを中心にお腹を反時計回りに擦る

筋肉を緩めるために行うので、優しく10回ほど円を描いて擦ってください。

次は下腹部を伸ばします。

  1. 足を前後に開く
  2. 背筋は倒さずに腰を落とす

太ももの前から下腹部を伸ばすためなので、足をしっかりと前後に開きましょう。

10回ほどスクワットのように身体を上下させます。

最後に大きく呼吸します。

  1. 両腕を身体の前で交差して息を吐く
  2. 両腕を開いて大きく息を吸う

深い呼吸は胃腸への血流を良くするので、しっかりと吐いて大きく吸いましょう。

腹部を伸ばしたいので下半身が動かないように気を付けましょう。

 

まとめ

機能性ディスペプシアは食生活が原因となりますが、特別な異常が起こっているわけではありません。

身体が疲れたら重く感じるように、内臓も疲れたら食欲不振などの症状が出ます。

胃腸の機能を取り戻すためには、血流を良くして胃腸の筋肉を緩めるのが大切です。

⇒大阪市北区で機能性ディスペプシアを解消したい人へ

月曜日
10:00 AM - 8:00 PM
火曜日
10:00 AM - 8:00 PM
水曜日
クローズ
木曜日
10:00 AM - 8:00 PM
金曜日
10:00 AM - 8:00 PM
土曜日
10:00 AM - 8:00 PM
日曜日
クローズ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。