へバーデン結節に津液(水分)が大切

[kaiwa1]へバーデン結節に悩んでいる人は多く来院されます。

当院では、患者さんにまずは水を飲むことをすすめます。

なぜなら津液(水分)の充実はへバーデン結節を解消する基本だからです[/kaiwa1]

 

なぜ津液(水分)が重要なのか?

へバーデン結節の解消には水を飲む事が大切です。

なぜなら指関節の腫れの多くは水分代謝の低下が原因だからです

40歳くらいからへバーデン結節が起こるのは、女性ホルモンの減少により水分代謝が悪くなるからです。

水分代謝を高めるには、水分をこまめにとって尿を出すことが効果的です。

どれくらいが必要かと言うと、体重の3%を目標に飲みましょう。

体重が60kgの人なら1.8ℓの計算です。

飲まないと治らない訳ではありませんが、尿から老廃物の排泄量を増やすことは身体の機能を高めるのに効果的です

水を多く飲み尿を多く出すことは身体の水分代謝を上げてくれます

へバーデン結節の中でも関節が腫れている人は、水分の代謝が悪いから腫れています。

だから腫れや痛みを解消するには水分の代謝を高めることが基本になります

水分代謝が高まると身体の気(代謝)が高まります。

すると古くなったホルモンなどの分解も促します。

古くなったホルモンが分解されることで新しいホルモンが作られるので、不足した女性ホルモンの分泌を促すことも可能です

女性ホルモンは水分代謝を調節するので、指関節に限らず足のむくみなども調節しています。

古い女性ホルモンを分解して、新しい女性ホルモンが作られれば水分代謝が高まり身体のむくみが解消されます。

東洋医学では身体のむくみを痰湿(たんしつ)と呼びへバーデン結節の原因の一つと考えています。

ちなみに女性ホルモンは卵巣だけではなく、副腎と呼ばれる腎臓の上についている器官で作られます

卵巣や子宮を摘出した人でも副腎さえあれば女性ホルモンの分泌を高める事は可能なのです。

ここで、もう一つのポイントとなるのが肝臓と腎臓です。

肝臓は女性ホルモンの分解を行いますが、肝臓の機能が低下していると女性ホルモンが分解できません。

すると女性ホルモンの産生が低下するので関節が腫れやすくなります

ホルモン分解の多くは肝臓で行われるためです。

肝臓でのホルモン分解は、老廃物の排泄が十分でないと分解能力が落ちてしまいます。

気(代謝)を高めるためには、津液(水分)を補給して排泄力を高めることが基本です

排泄力を高めるには、しっかりと津液(水分)を補給して腎臓から老廃物を排泄します。

ここで重要なのは老廃物の濃度が高すぎると腎臓の負担となり、腎臓からの老廃物の排泄力が低下することです。

腎臓では、薬剤の分解や他のホルモンの分解も担当しています。

そのため多めの水分をとって腎臓の負担を減らすことが大切です。

腎臓の気(代謝)が高まることで、腎臓の近くにある副腎の気(代謝)も高まります

結果として女性ホルモンの分泌が高まり、水分代謝が良くなります。

身体の気(代謝)を高めへバーデン結節を解消するには、肝臓と腎臓が肝心要となるのです。

 

水分代謝を高めよう!

[kaiwa1]へバーデン結節に限らず、関節の腫れや痛みは津液(水分)の滞りです。

津液(水分)が滞るのは気(代謝)が不足するか、単純に飲む水分量が不足しています。

だからまずは水を飲む量を増やしましょう[/kaiwa1]

⇒大阪市の南森町で本気でへバーデン結節を解消したい人へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。