更年期の症状は男女ともに起こりへバーデン結節の原因となる

[kaiwa1]更年期障害と聞くと女性に特有だと思われがちです。

ですが実際には男性にも更年期障害の症状は現れます。

今回は、男性にも現れる更年期障害について解説します[/kaiwa1]

 

更年期障害とは

更年期の症状は自律神経失調症に似ています。

そのため更年期障害は45〜54歳に起こる自律神経失調症という説もあります

実は更年期障害とは言ってもいくつかの種類が原因があり、原因によって対処法も変わってくるのです。

最も代表的な更年期障害の原因は女性ホルモンの減少です。

女性ホルモンの分泌を促すのは脳下垂体からの性腺刺激ホルモンです。

そして自律神経を調節する視床下部は脳下垂体と密接な位置にあります

そのため脳下垂体におけるホルモンバランスの乱れが、近くにある視床下部における自律神経の乱れを誘発している場合もあるのです。

女性ホルモンのエストロゲンは交感神経を優位にして、プロゲステロンは副交感神経を優位にします。

だからプロゲステロンの減少がきっかけとなって起こる更年期症状は副交感神経の弱りともいえるのです。

基本的に年齢とともに副交感神経は弱ります。

そのため一時的に交感神経が過剰になった状態が更年期の症状と言えるのです

自律神経のバランス

そしてエストロゲンの分泌がゼロに近づく55歳頃には更年期症状の多くは沈静化します。

交感神経が優位な状態が続くと、筋肉が緊張した状態になり指がこわばりやすくなります。

更年期の時期に起こる指の腫れやこわばりの多くはへバーデン結節やリウマチと診断されます。

へバーデン結節もリウマチも解消するためには、首肩の筋肉の緊張を解消することが重要になります

そして自律神経失調症になる人は首肩の筋肉が緊張しやすいのが特徴です。

また交感神経が優位な状態が続くと、代謝が盛んになって多くの老廃物が出ます

老廃物が多く溜まると身体は浮腫み、指で起こった炎症が鎮まりにくくなる事も分かっています。

本来なら副交感神経が優位になる就寝時などに老廃物は排泄の準備を整えます。

ですが交感神経が優位なままだと身体に老廃物が蓄積します。

更年期の時期における指の痛みや腫れといった症状の主な原因は、

  • 交感神経の優位で起こる筋緊張
  • 老廃物の蓄積で起こる浮腫み

などです。

更年期症状の原因が自律神経の乱れなら、男性にも更年期の症状は起こります。

そのため男性も40歳ころから指の腫れや痛みは起こりやすくなりますが、女性よりも水分代謝は高い傾向にあるので目立ちません。

ですが、指を酷使している男性はへバーデン結節を起こしやすくなります。

男女ともに大切なのは、指の安静よりも十分な睡眠となります

[kaiwa1]更年期障害の原因は一つではありません。

自律神経の乱れが更年期障害の原因の場合もあります。

その場合は男性にも更年期の症状や指の腫れや痛みが起こりやすくなります[/kaiwa1]

⇒大阪市北区でへバーデン結節を解消したい人へ

副腎疲労と慢性疲労症候群の違い

[kaiwa1]現代人が悩まされている不定愁訴の多くは副腎疲労が原因と言われます。

そんな副腎疲労とは別に慢性疲労という言葉も存在します。

二つの症状は似ていますが、今回は二つの違いについて解説します[/kaiwa1]

 

生活習慣による症状

生きていれば様々な不調に悩まされます。

ですが、不調になるという事は何か問題があるということです。

身体が不調になる原因には、

  • 老化
  • 姿勢の歪み
  • 生活習慣の乱れ

などが潜んでいます。

老化は避けようがないものですが、日々の暮らし方によっては老化による影響は少なくなります

姿勢の歪みは自分では気づきませんが、歪んだ姿勢のまま過ごしているとどんどんと問題は深刻になっていきます。

生活習慣が乱れているという言葉はよく聞かれますが、実際にどんな生活が問題になっているか分かっている人は少ないと言えます。

悪い生活習慣を続けていると、些細なことでも静かに蓄積されて不調の根本的な原因となります

だから、どんな不調も根本的に解決しようと思えば生活習慣から変えなくてはなりません。

ハッキリと不調を自覚するころには、蓄積された悪い生活習慣による影響で身体がボロボロな時もあるのです。

副腎疲労と呼ばれる段階は、ボロボロになっている身体をさらに酷使した結果として現れます。

だからこそ東洋医学では、身体に疲労が蓄積しだした病気になる手前の未病の時の問題解決をすすめるのです

 

副腎疲労になりやすい生活習慣

生活習慣の中でも問題となりやすいのが食事です。

日々の食事に偏りがあり、身体に負担となるものを食べ続けていれば徐々に体に蓄積されます。

食事の中に食品添加物や環境汚染物質が多いと、それらの蓄積により副腎への負担は大きくなります。

多くの食品添加物は排泄されるから無害とされていますが、排泄するにもエネルギーを消費します。

そのため普段から食品添加物の摂取が多い人は、排泄にエネルギーを使われてエネルギー不足になりがちです

脂溶性のものは肝臓で作られた胆汁と一緒に便から排泄され、水溶性のものは腎臓から排泄されます。

いずれにしても排泄の際には肝と腎に負担をかけているのです。

食品添加物が多いのはお菓子やインスタント食品などです。

 

慢性疲労症候群と副腎疲労症候群の違い

まず副腎疲労とは、何らかの原因によって副腎の機能が低下した状態です。

対して、慢性疲労は副腎に限らず身体のインサイドがボロボロな状態です。

つまり、副腎疲労という状態が長く続いた結果として、慢性疲労症候群まで悪化する場合があるということです。

副腎疲労は一つのきっかけに過ぎず、

  • 自律神経失調症
  • 過敏性腸症候群
  • リーキーガット症候群

などが隠れている場合もあります。

慢性疲労症候群とは、副腎に限らず身体のどこかの機能が低下しているために起こる慢性的な症状なのです

そして慢性的な症状が6か月以上も続いた時に慢性疲労症候群と病院で診断されます。

ですが、病院によってはうつ病などの精神疾患として片付けられてしまうこともあるのが実情です。

原因が分からないという事と、原因が無いという事は全くの別問題です。

原因不明の症状に悩まされている以上は、何らかの問題が日常に潜んでいます。

だからまずは自分の状態を的確に把握して、適切な対処が大切になります。

慢性疲労を解消する生活習慣

慢性疲労を解消するには、身体にとって負担の少ない生活を送る必要があります。

身体にとって負担となるのは精神的ストレス以上に、肉体的なストレスも多くあります。

肉体的なストレスとなるのは、

  • 消化不良
  • 睡眠不足
  • 運動不足

などです。

どれも多くの現代人が自覚もないままに過ごしています。

ですが、これらの肉体的なストレスを放置していると身体は驚くほどに早く老化してしまいます

そして40歳を超えるころには複数の生活習慣病を発症することになるのです。

また副腎疲労になっている人は生活習慣病のリスクが上がります。

消化不良の原因となるのは主に食べ過ぎです。

食べ過ぎを自覚している人もいますが、自覚なく食べ過ぎている人も多くいます

そもそも食事は満腹になるまで食べるものではありませんし、お腹が空いていないなら無理に食べる必要はありません。

にも関わらず多くの人は満腹になるまで食べたり、時間が来ればお腹が空いていなくても食べてしまいます。

食事というのは必要なエネルギーを補給するために行うので、普段から運動不足なら多くの食事は必要ありません。

また寝る前に食べ過ぎると睡眠の質が低下して睡眠不足の状態となります。

食べ過ぎだけでなく、野菜が少ない食事や早食いなども消化不良の大きな原因となっています。

普段から消化不良が起こっていると身体がだるくなり眠くなります。

ですが、食後すぐに寝ても質の良い睡眠はとれません。

質の良い睡眠をとるには、身体を動かして食事は腹八分目にすることが必要です

睡眠不足とはいっても、大切なのは長さよりも質なのです。

もちろん6時間ほどの睡眠時間は必要ですが、それ以上は長さよりも質を意識しましょう。

基本的に身体が最も回復するのは、成長ホルモンの分泌が高まる22~4時の間です。

厳密には朝に起きてから16時間後に睡眠をとるのが望ましいとされます。

[kaiwa1]副腎疲労の時点でも身体はかなり弱っています。

そんな状態が長く続くと慢性疲労症候群と呼ばれます。

慢性疲労症候群は簡単に解消できるものではないので、しっかりと生活習慣から変えることが大切です[/kaiwa1]

⇒大阪市北区で副腎疲労を解消したい人へ

東洋医学の六淫寒邪とは

[kaiwa1]東洋医学では天候の影響を六淫(りくいん)と呼びます。

その六淫の中でも冬の寒さは寒邪(かんじゃ)と呼びます。

今回は、そんな寒邪について解説します[/kaiwa1]

 

寒邪とは

寒邪とは、体温を奪って身体を冷やす現象を指します。

健康は体温が一定で保たれますが、体温が下がると気血津液流れが妨げられます。

年を重ねると体温を一定に保つ機能は低下するので、年とともに特に寒邪には弱くなります

気血津液の流れが妨げられると、疼痛症状を起こすとともに脾胃も障害されやすくなります。

寒邪は11月8日の立冬から始まる寒さによって起こります。

もちろん、地域によってはまだまだ暑さが残るかもしれませんが徐々に気温が下がりだします。

冬の不調の原因は気温が下がって、気の温煦作用が十分でないと体温が維持できなくなるからです。

寒邪に負けた状態は気虚(ききょ)と呼ばれます。

気(代謝)の温煦作用が十分でないと、

  • 風邪を引く
  • 便がゆるくなる
  • 関節が痛む

などの典型的な寒邪の症状が現れます。

特に寒邪による関節の痛みは、他の痛みよりも強いのが特徴です

冬の寒さ以外にも、雨にぬれたり発汗後に風にあたって体温が急激に下がれば寒邪に負けた症状が現れます。

本来なら気の温煦作用によって身体は寒邪から守られていますが、外気温が極端に低ければ身体は寒邪に負けてしまいます。

カゼの初期症状である悪寒や発熱などは寒邪に負けた時の症状であり、寒邪に負けると脾と胃が弱ります。

そして次に気血津液の流れが悪くなると、強く鋭い凝集性の痛みが生じます。

手足の筋肉が寒邪に負けると、筋肉の痙攣や関節のこわばりなどが起こり動きが悪くなります。

寒邪の対処法

まずは朝晩の寒気が多い時間を避けるために、早く寝てなるべく遅く起きましょう。

日中には身体を温めるために運動をすることが基本です。

また寒邪で弱りやすい臓器は腎臓なので、冬は腎を守る生活を心がけましょう

体温を低下させないように温煦作用のある食事を意識することも大切です。

薬膳から見ると、温煦作用を高めるのは温熱類の中でも補陽の食材です。

補陽の食材には、

  • クルミ
  • 生姜や山椒
  • 紅茶
  • 赤ワインやブランデー
  • 杜仲茶

などがあります。

寒邪が表面的な影響だと悪寒くらいの症状ですが、脾胃の弱りもある時には温裏類の食材を用います。

薬膳から見ると温裏(おんり)の食材が重要となります。

温裏の中でも消化器系の冷えを取り除く食材を温中散寒(おんちゅうさんかん)と呼びます

温中とは消化器系を温めるという意味で、散寒とは臓器を冷やす物質を散らすという意味です。

温中の食材には胡椒や唐辛子などの香辛料に加えて、ニラやニンニクなどの薬味類があります。

散寒の食材には葱やニラに加えて、エビやマグロなどが挙げられます。

だから寒い時期には海鮮類を豊富に使ったレシピが理想的です。

また海鮮類は腎の機能を高める補腎の作用もあり、老化を防止して若々しい身体を保つのにも有効です

また東洋医学ハーブティーには桂花茶があり、中国ではポピュラーなお茶として親しまれています。

[kaiwa1]寒邪は年を重ねるほどに弱くなっていきます。

若い時は運動をすることが大切ですが、年を重ねてからは食事なども重要です。

寒邪に対しては、身体を温める桂花茶などはおすすめです[/kaiwa1]

⇒大阪市北区で気虚の症状を解消したい人へ

東洋医学の六淫湿邪とは

[kaiwa1]東洋医学では天候が身体に与える影響を六淫(りくいん)と呼んでいます。

その中でも湿度の高さで起こる不調は湿邪(しつじゃ)によるものと考えています。

今回は六淫の一つである湿邪について解説します[/kaiwa1]

 

湿邪とは

湿邪とは湿気の高さによる現れる不調であり、湿度が高いせいで身体の水分代謝が低下してむくんだ状態です。

水分代謝の悪化は特に胃腸の機能を低下させるので、梅雨の時期などに下痢や便秘をしやすい人は湿邪に弱いと言えます。

人間の身体に水分は必要ですが、過剰な水分があると身体の巡りを滞らせます

身体の水分の流れが滞った状態は痰湿(たんしつ)と呼ばれ、足の冷えや腰痛などの原因となります。

特に梅雨の季節は湿気が多いので、

  • なんとなくダルい
  • 足がむくむ
  • 憂鬱な気分

などの湿邪による影響が現れます。

湿邪に負けた身体は水溶性の老廃物をうまく排出できず、下半身に老廃物が溜まった状態です

そのため湿邪に負けると下半身の不調が現れやすく、腰痛や神経痛、冷えなどが悪化しやすいのも特徴です。

湿邪を解消するには

また、湿邪の影響をもっとも受けやすいのは消化器系です。

胃や膵臓などの消化器系は消化吸収と水分代謝に関係しています。

そのため湿邪に胃腸がやられると、

  • 食欲低下
  • 消化不良
  • お腹の張り
  • 下痢

などになりやすくなります。

本来なら余計な水分は常に排泄されていますが、体調が崩れていると湿邪をうまく身体から出すことができません。

普段から身体がむくみやすい食事を摂っている人は湿邪に負けやすくなります。

身体をむくませる食事は糖質が多かったり塩分が多かったりする食事です。

現代人は砂糖たっぷりの飲み物や塩辛い食べ物を好んでいるので、湿邪に負けやすい身体になっています。

基本的な湿邪の対策は身体を動かし汗をかくことです。

湿邪は停滞する性質をもっているので、じっと座っていると悪化しやすくなります。

そのため普段から

  • ラジオ体操
  • ウォーキング
  • ストレッチ

などの軽い運動でも良いので身体を動かして軽く汗を出すのが効果的です。

また湿邪の大敵は冷えですなので、冷たい飲み物やアイスなどは身体がむくんでいる時は避けましょう。

身体は冷えるとむくみやすくなり、むくんでいると冷えやすくなります。

そのため湿邪に負けているときは温かい飲み物が一番です

冷たい飲み物が美味しくても白湯を飲むのが湿邪には効果的です。

さらに余計な水分の排出を助ける食べ物を選べば胃腸も元気になります。

 

湿邪を解消する薬膳

香辛料などの香りが強い野菜は、胃腸の働きを活発にし余分なものを流す作用があります。

湿度が高いインドなどで香辛料などが多様されるのは、こういった側面もあるからです。

香りが強い野菜には

  • 生姜
  • ねぎ
  • にら
  • にんにく
  • しそ

などがあります。

その他にもカレー粉や唐辛子、山椒などのスパイスも身体を温め発汗を促し湿邪を解消します。

薬膳から見ると、痰湿を解消するには利尿や去湿(きょしつ)の作用がある食材がおすすめです

そして、夏が旬の野菜は、身体の熱をとり尿として水分を出す利尿作用があります。

  • きゅうり
  • トマト
  • 茄子
  • かぼちゃ
  • メロン

などがそれにあたります。

ただ水分が多く利尿作用のある食べ物は、食べすぎると冷えにつながるので食べ過ぎは禁物です

薬膳の去湿類は津液(水分)の代謝を高めて痰湿を取り除く食材です。

去湿類には、

  • 小豆
  • エンドウ豆
  • 黒豆
  • コーヒー
  • ゴボウ
  • さくらんぼ
  • すもも

などが分類されます。

一年を通して同じものを食べるのではなく、身体のむくみがひどいと感じるときには以上のような去湿や利尿の作用がある食材を選びましょう。

[kaiwa1]湿邪が盛んになるのは梅雨や残暑の時期です。

胃腸が弱ることで身体の水分は滞り湿邪に弱くなります。

湿邪に負けて痰湿の状態になったら、水分代謝を高めて身体を健康にしましょう[/kaiwa1]

⇒大阪市北区で痰湿の症状を解消したい人へ

東洋医学の六淫風邪とは

[kaiwa1]東洋医学では天候の影響なども重視しています。

天候による悪影響を六淫(りくいん)と呼びます。

今回は、六淫の一つである風邪について解説します[/kaiwa1]

 

風邪とは

現代医学ではカゼと読みますが、東洋医学では風邪(ふうじゃ)と読みます。

風邪とは、痛みが同じ場所に固定されず症状が出たり消えたりする症状です

また風邪は交感神経を刺激して身体を興奮状態にします。

そんな風邪は春先に起こりやすく、代謝が活発になる時期に風邪は盛んになります。

また風邪による影響を最も強く受けるのが肝臓です。

肝臓は風邪の影響を受けると過活動になり、身体は肝臓が働きすぎると熱がこもって肝鬱気滞(かんうつきたい)と呼ばれる状態に陥ります。

肝鬱気滞になると

風邪に負ける人の多くは血(栄養)が不足しており、血(栄養)の不足から肝血虚の状態になっています。

普段から、

  • 目の疲れ
  • 筋肉の痙攣
  • 爪割れ
  • 生理不順

などの症状が出やすい人は肝血虚が疑われます。

実際に春の時期には、ぎっくり腰や肉離れなど筋肉に関する患者さんが多くなります。

五月病に代表される精神の疾患は風邪に負けた典型的な血(栄養)の不足による症状です。

春になって集中力が欠如したりイライラしたりしやすくなるのは風邪の仕業です。

具体的には身体の熱を発散できないせいで身体に熱がこもった状態です。

結果として、蕁麻疹や肌荒れなど皮膚表面に熱が溜まればあせもなどの原因ともなります。

風邪による代表的な症状は春先のアレルギーです。

身体で発生した熱が頭に昇って、頭部に溜まった熱を発散させるために鼻づまりやくしゃみ、目のかゆみなどの花粉症の症状が現れます。

 

風邪の対処法

基本的な風邪の対処法は無理をせず、休息を十分にとって過ごすことです。

身体に血(栄養)を巡らせるのは睡眠です。

そして、物事を考えたり、イライラしたりすると血を余分に使ってしまうので、ぼーっとする時間が重要です。

ぼーっとする時間を作るのは難しいですが、

  • 深呼吸をする
  • お風呂に入る
  • 軽い運動をする

など、何かをしている方が意外とぼーっとリラックス出来るものです。

基本的に頭で考えすぎないためには、身体に血を巡らせることが大切です

すでに血(栄養)が不足して症状が出ているという場合は、肝血を補うような養生法が必要になります。

特に気をつけたいのは

  • 食事
  • 睡眠

になります。

食事の内容としては肝を補う

  • ほうれん草やピーマンなどの緑黄色野菜
  • あさりやひじきなどの海産物
  • 酢の物や梅干しなどの酸味の物

などがおすすめです。

緑黄色野菜は多くのビタミンや酵素を含み肝臓での気(代謝)を補います。

また気(代謝)を巡らせるのに必要なミネラルは海産物から摂りましょう。

そして酸味の物は代謝の結果として生じる老廃物の排泄を促します。

次に睡眠のとり方としては、

  • 夜の12時までには寝る
  • 6時間は睡眠を確保する
  • 少し体温を上げてから布団に入る

などがポイントになります。

睡眠で休息をとるためには質と長さが重要です。

質の良い睡眠は身体の修復が盛んになる0時から2時までの時間を寝ることや、6時間以上の睡眠を確保することで可能になります。

また、眠気というものは体温が下がるタイミングで訪れるので、少し体温を上げておくと元の体温に戻るときに眠くなります。

そのため、白湯を飲んだりお風呂に入ることで少し体温を上げられます。

そしてうまく眠れないときでも身体を横にしておけば身体に血(栄養)が巡ります。

[kaiwa1]風邪は春に起こりやすい不調の原因です。

また風邪による肝鬱気滞は体質的に起こりやすい人がいます。

また過労や睡眠不足は肝鬱気滞を悪化させるので注意しましょう[/kaiwa1]

⇒大阪市北区で気滞の症状を解消したい人へ