瘀血(おけつ)は神経痛

インサイド整体は
元々の体質であっても

なぜ根本的に解消できるのか?

矢印

同業者からも推薦の声をいただいています!!

実際に来店された方
\ 症例を紹介します!/

年齢とともに体質は変わっていきますが、アラフォーになると増えてくるのが瘀血(おけつ)が原因の坐骨神経痛です。

瘀血とは血液の滞りで、水分不足や栄養過多によって起こります。

普段から運動不足で暴飲暴食を繰り返す人に多く見られるのと、もともと瘀血になりやすい人は肩の痛みや頭痛なども感じやすいのが特徴です

来店された方はアラフォーになってから急に坐骨神経痛が酷くなったとのことでした。
以前から腰痛やお尻から足にかけて痛みはあったそうですが、痛みが悪化してシビレも出てきたので来店されました。
年齢を重ねるにつれて健康に対して不安を抱きだしていたのです
実際にアラフォーくらいからは不調を訴える人は急増します。
その原因の多くが代謝の低下により、余った栄養が瘀血となって起こるものです。

坐骨神経痛は瘀血の代表的な症状です

瘀血は代謝の低下に食べ過ぎなどがきっかけで起こり、酷くなると夜も眠れないほどに痛みます。

そこで血流をよくするために水を飲む量を増やしてもらい、股関節の動きを高めて坐骨神経の圧迫を減らすことで坐骨神経の症状は解消されました。

お客様の声

普段から運動不足の自覚はありましたが、運動する時間もなかったので後回しにしていました。
食事は指摘されたとおりだったので改善しました。
すぐには痛みはとれませんでしたが、徐々に解消されていくのが分かりました。
食事や運動の指導など教えてもらったことは続けていこうと思います。
※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

なぜ坐骨神経痛の症状を
解消できるのか?

年齢とともに痛みやシビレが出るのは体質もありますが、年齢にあったケアが出来ていないからです

身体は適切な対処が出来ていれば、毎日を元気に過ごせます。

自覚はなくとも身体はどんどんと変化しています。

特に普段から座り仕事が多く、運動不足の人はほとんどの人が瘀血に悩まされます。

  • 気(代謝)
  • 血(栄養)
  • 津液(水分)

の滞りは必ず起こります。

人間の身体は年齢とともに気(代謝)が低下し、必要な血(栄養)の量はどんどんと減っていきます。

にも関わらず若い時と同じような食事だと瘀血が発生します

東洋医学では瘀血は生活習慣から起こると考えています。

だから食事量は若い頃より減らして、内容もバランスを考えないと痛みやシビレの原因となります。

ここでポイントとなるのは、食事を見直すだけでなく運動もすることです。

特に大切なのは下半身の運動です。

座り仕事が長い人ほど意識的に歩く事で瘀血の症状はマシになります。

下半身の筋肉に刺激を入れると血流が良くなって、瘀血による筋肉の緊張が解消されます。

薬や栄養剤で一時的に元気になっても、原因が解消されなければ何度でも不調は起こります

必要なのはビタミン剤などによる栄養の補充ではありません。

大切なのは身体に必要なケアなのです。

東洋医学では一時的な問題の解決だけでなく再発の防止にも力を入れています。

西洋医学では成果が上がらなかった人も、自らの治癒力を高められる東洋医学ならまだ望みはあります

大切なのは本来の機能を取り戻すことです。

当院では、カウンセリングと経絡の検査で、あなたの症状を引き起こしている
原因を特定し症状を根本的解消&再発予防をするための技術と知識を提供していきます。

他とは何が違うの?

矢印

サワラク経絡整体院が
\選ばれる7つの理由/

① どんな施術をするのか?

② どんな検査をするのか?

③施術の内容

 ④ 施術の担当者

⑤ アフターケア

インサイド整体コース

初回 は予約で3000円(50%OFF!)
(通常1回 6000円)

お問い合わせはラインかメールでお願いします!

mail : sawaraku0616@yahoo.co.jp

店舗営業時間のご案内

大阪府大阪市北区天神橋2-3-10-605

TEL

営業時間
10時~18時
×
×
×
×
×

店舗までのアクセス

TEL:

営業時間